浮気を原因として離婚する場合には探偵が必要

普段生活をしている時には探偵は利用することが殆ど無いのですが、ただ結婚をしている方にとっては違い、利用する可能性があります。
利用する可能性があるのが、浮気の調査になります。
実は浮気を原因として離婚をする場合、出来る限り探偵にお願いをして調査してもらうことが必要としています。

ではなぜ必要としているのかというと、それは離婚調停そして裁判となる場合に確実としている証拠が必要としているためです。
夫婦で話し合いをして離婚を決めて慰謝料など納得した場合には確実としている証拠は必要としていません。
しかし、慰謝料で揉めてしまった場合に必要としている離婚調停などになると、確実としている証拠が必要で、その証拠がないとうまく進めることが出来ません。

この証拠ですが、食事をしている写真そして浮気をしているのではないかと思われるメールでは決定的な証拠としていなくて状況証拠だけになります。
確実としている証拠なのがホテル等の出入りをしている写真などで、確実に肉体関係があると分る証拠が必要です。
これらの証拠は自分で集めることが非常に難しいとされているので、探偵にお願いをして集めることが一番です。

お金がかかることでもあるのですが、確実に離婚そして慰謝料の請求することを求めているのでしたら、ぜひ探偵の利用を検討してください。





(c) 納得の探偵情報バイブル