探偵になる方法

最近、探偵という職業がとても注目を浴びています。
テレビなどでも特集が組まれたり、探偵を題材にした映画が放映されるなどで、探偵を1つの職業として視野に入れてるかたも多いと思います。

しかし、テレビやドラマなどとは違い、警察の人たちと事件を解決していくなどということは、まずありません。

探偵のお仕事は、人探しや浮気調査、素行調査、ストーカー対策など、一般の人では調査が難しいことを、探偵が変わって調査したりするのが主な仕事です。
その中でも、浮気調査が最近では大半を占めているそうです。

探偵は、これといった免許や資格はいりません。
探偵になるには、開業をするか、興信所や探偵事務所に就職するかの2つの方法がありますが、開業するには、探偵業法により警察署を通して、公安委員会に届け出をしなければいけません。
他にも、探偵にはさまざまな知識なども必要になってきますので、いきなり開業をし、依頼人からの案件をこなすのは、とても難しいと思います。
はじめは、興信所や探偵事務所で働き、探偵のノウハウを学んでから開業することをオススメします。

また、最近では探偵の専門学校や通信教育なども多く存在します。
専門学校や通信教育には、まともな教育をしてくれない所も存在しますので、よく調べて安全な学校などを選ぶようにしましょう。





(c) 納得の探偵情報バイブル